メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「仕事の夢ばかり見る」と話す馬場正男=2018年12月14日、勝田友巳撮影

 「花よりもなほ」の長屋のオープンセットは、馬場正男と、古い美術仲間の三輪良樹の提案で、京都映画の敷地内に造ることになった。美術監督の磯見俊裕の、「直線のない長屋」という注文に「誰もしないようなことを、自分で考えてやるのはおもろい」と張り切った。

 磯見の描いた図に従って家を建てながら、「こんな坂道に建ってる家、棟は落ちてなくていいんかい」と馬場らが聞く。磯見は思わず「そんなこと、できるんですか」と聞き返した。「できるで」と言うや、屋根を支える棟木をのこぎりで切ってしまった。「見といてくださいな」と言いながら、棟木の角度を調整し変えてゆく。「こんなもんでっか」「もうちょっとゆがめて」。様子を見ながら固定し、どんどん組み上げる。

この記事は有料記事です。

残り1706文字(全文2022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. 台風19号、ボランティア本格化「本当に助かります」福島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです