メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「仕事の夢ばかり見る」と話す馬場正男=2018年12月14日、勝田友巳撮影

 「花よりもなほ」の長屋のオープンセットは、馬場正男と、古い美術仲間の三輪良樹の提案で、京都映画の敷地内に造ることになった。美術監督の磯見俊裕の、「直線のない長屋」という注文に「誰もしないようなことを、自分で考えてやるのはおもろい」と張り切った。

 磯見の描いた図に従って家を建てながら、「こんな坂道に建ってる家、棟は落ちてなくていいんかい」と馬場らが聞く。磯見は思わず「そんなこと、できるんですか」と聞き返した。「できるで」と言うや、屋根を支える棟木をのこぎりで切ってしまった。「見といてくださいな」と言いながら、棟木の角度を調整し変えてゆく。「こんなもんでっか」「もうちょっとゆがめて」。様子を見ながら固定し、どんどん組み上げる。

この記事は有料記事です。

残り1706文字(全文2022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです