メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出前講座

「生きてるだけで100点満点」 県助産師会、命の大切さ小学生に伝え続け15年に /青森

 県助産師会の有志が子供たちに生まれたことの素晴らしさを伝える「いのちのお話出前講座」が、県内の小学校で始まってから15年になる。1年間に訪れるのは約70校。生と死が隣り合うお産の現場を知る助産師が送るメッセージはシンプルだ。「生きているだけで100点満点」【一宮俊介】

 「あなたにとって大切なものは何ですか?」。講座はこんな質問で始まる。命、体、親、酸素、お金、家族、ゲーム機--。子供たちは次々と反応し、時折笑い声も。「じゃあ、この中で一番大切なものは?」。助産師はそう尋ね、続ける。

 「命があるから酸素を吸える。命があるからお金を使える。命があるから、おじいちゃんに会える。今日は一…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです