メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出前講座

「生きてるだけで100点満点」 県助産師会、命の大切さ小学生に伝え続け15年に /青森

 県助産師会の有志が子供たちに生まれたことの素晴らしさを伝える「いのちのお話出前講座」が、県内の小学校で始まってから15年になる。1年間に訪れるのは約70校。生と死が隣り合うお産の現場を知る助産師が送るメッセージはシンプルだ。「生きているだけで100点満点」【一宮俊介】

 「あなたにとって大切なものは何ですか?」。講座はこんな質問で始まる。命、体、親、酸素、お金、家族、ゲーム機--。子供たちは次々と反応し、時折笑い声も。「じゃあ、この中で一番大切なものは?」。助産師はそう尋ね、続ける。

 「命があるから酸素を吸える。命があるからお金を使える。命があるから、おじいちゃんに会える。今日は一…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです