特集

第100回高校ラグビー 創志学園(岡山)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する創志学園(岡山)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

守備からリズムを 27日初戦 玉島、準備余念無く /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仲間のサポートを受けながらベンチプレスに取り組む選手=岡山県倉敷市玉島阿賀崎3で、戸田紗友莉撮影
仲間のサポートを受けながらベンチプレスに取り組む選手=岡山県倉敷市玉島阿賀崎3で、戸田紗友莉撮影

 東大阪市花園ラグビー場で開催される第98回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)で、県代表の玉島(2大会ぶり2回目)は開幕日の27日、初戦に臨む。松本剛徳監督(47)は「一試合一試合、ディフェンス中心の玉島らしく戦いたい」と意気込む。目標はベスト16だ。【戸田紗友莉】

 部員はマネジャーを含めて32人と決して多くない。毎年勧誘の時期は苦労する。練習も、野球部やサッカー部と校庭を分け合う。雨天の日はトレーニングルームで筋トレにいそしむが、今年は走り込みが増えた。新しく加わった三宅裕介コーチの指導によるものだ。スタミナがつき、県予選決勝での逆転勝ちにつながった。

 守備からリズムを作るのが玉島らしさ。その要となるのが、ロックやフランカーを務める清水航平選手(3年)だ。入学時は細身だったが、練習後と就寝前にプロテインを飲み、夕食には500グラムの米を食べるなどし、3年間で体重を約15キロ増やした。180センチを超える長身を生かしたラインアウトでのジャンプも魅力だ。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文1050文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集