韓国軍

海自機に照射、否定 「光学カメラの稼働だけ」 局長級会談

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル堀山明子】韓国を訪問中の外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は24日、金容吉(キムヨンギル)東北アジア局長と会談した。韓国海軍の駆逐艦が20日に海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について、金杉氏は強い遺憾の意を表明し、再発防止を要求。一方で金氏は照射を否定し、日本が事実関係を正確に確認せずに公表したと指摘した。見解の相違が改めて鮮明になり、日韓の防衛当局間で実務協議を継続することになったが、対立解消は長引きそうだ。

 日韓局長は約1時間半にわたり会談。当初は、韓国最高裁が元徴用工の韓国人による戦後補償訴訟で日本企業に賠償を命じたことが主要テーマになる予定だったが、照射問題を受け、急きょ韓国側は国防省関係者、日本側は在韓日本大使館勤務の自衛官が同席した。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文798文字)

あわせて読みたい

ニュース特集