メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第8部 JTB/14 ネット時代、戦略に迷い

旅行のインターネット予約は急速に普及した

 2000年代前半のある日、JTB本社(東京都品川区)会議室で取締役会に出席していた志賀典人(68)は一本の電話を受けた。相手は、買収を申し入れていた国内のオンライン旅行会社(OTA)。「申し訳ないけど」「まあ当然ですね」。短いやり取りを交わし、会議室に戻った志賀は、買収に失敗したことを伝えるメモを当時の社長と会長に渡した。2人は言葉を発さなかったが、ホッとした表情を浮かべたように志賀には見えた。

 1990年代、日本人の旅のスタイルは大きく変わった。それまではJTBなど旅行会社のパックツアーが主流だったのが、自ら航空券や宿泊を手配する個人旅行が増加した。その流れを加速させたのがインターネット時代の到来だ。2000年ごろには複数のOTAが台頭。JTBの取引先のホテルや旅館の一部がOTAのサイトを使ってネットで直接予約を受け付けるようになり、「無視できない存在」になった。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです