メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第8部 JTB/14 ネット時代、戦略に迷い

旅行のインターネット予約は急速に普及した

 2000年代前半のある日、JTB本社(東京都品川区)会議室で取締役会に出席していた志賀典人(68)は一本の電話を受けた。相手は、買収を申し入れていた国内のオンライン旅行会社(OTA)。「申し訳ないけど」「まあ当然ですね」。短いやり取りを交わし、会議室に戻った志賀は、買収に失敗したことを伝えるメモを当時の社長と会長に渡した。2人は言葉を発さなかったが、ホッとした表情を浮かべたように志賀には見えた。

 1990年代、日本人の旅のスタイルは大きく変わった。それまではJTBなど旅行会社のパックツアーが主流だったのが、自ら航空券や宿泊を手配する個人旅行が増加した。その流れを加速させたのがインターネット時代の到来だ。2000年ごろには複数のOTAが台頭。JTBの取引先のホテルや旅館の一部がOTAのサイトを使ってネットで直接予約を受け付けるようになり、「無視できない存在」になった。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  4. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  5. デジタルVS 肺炎診断、アリババAI 日本でも先行 無料提供、「国産」出遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです