連載

変革

時代の波にもまれる日本企業や組織を描く「変革」第11部は、04年の球界再編問題から大きく変化してきたプロ野球のパ・リーグに迫る。

連載一覧

変革

第8部 JTB/14 ネット時代、戦略に迷い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旅行のインターネット予約は急速に普及した
旅行のインターネット予約は急速に普及した

 2000年代前半のある日、JTB本社(東京都品川区)会議室で取締役会に出席していた志賀典人(68)は一本の電話を受けた。相手は、買収を申し入れていた国内のオンライン旅行会社(OTA)。「申し訳ないけど」「まあ当然ですね」。短いやり取りを交わし、会議室に戻った志賀は、買収に失敗したことを伝えるメモを当時の社長と会長に渡した。2人は言葉を発さなかったが、ホッとした表情を浮かべたように志賀には見えた。

 1990年代、日本人の旅のスタイルは大きく変わった。それまではJTBなど旅行会社のパックツアーが主流だったのが、自ら航空券や宿泊を手配する個人旅行が増加した。その流れを加速させたのがインターネット時代の到来だ。2000年ごろには複数のOTAが台頭。JTBの取引先のホテルや旅館の一部がOTAのサイトを使ってネットで直接予約を受け付けるようになり、「無視できない存在」になった。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1122文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集