メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

陸軍の潜水艦=玉木研二

 <ka-ron>

 新しい防衛大綱は陸海空を一体的に運用し、宇宙、サイバー、電磁波など新しい領域に対処できる「多次元統合防衛力」を構築するという。「縄張り」無き融合と効率化ということか。しかし、それは旧軍が最も不得手としたところでもあった。

 日露戦争でバルチック艦隊を打ち破った日本海海戦の英雄、東郷平八郎元帥。彼を顕彰する「東郷会」の機関誌に、昨年2回に分けて「陸軍潜水艦始末」という第二次大戦に関する調査記事が載った。副題に「陸海軍確執の極致」と付く。

 筆者は同誌編集長で、元海上自衛隊幹部の伊藤和雄さん(71)である。伊藤さんには日本海海戦を情報ネッ…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文993文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです