メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

小沢一郎氏/下 「坂の上の雲」 もう一度「維新」できるか

 「坂の上の雲」という題名をとても気に入っている。司馬遼太郎は「竜馬がゆく」も面白いが、これが明治維新を描いた司馬作品の集大成だ。

 「斬り捨てご免」の世の中が文明開化の時代に変わり、近代革命と市民革命の2大革命をいっぺんに成し遂げた。誰もが一生懸命努力すれば伸びることができる社会になったのは、画期的なことだ。そんな「坂の上」を目指していた時代が好きだ。

 ただ、その後の日本は世界の列強と対抗しつつどう協調していくか、ということに大きな理念を持てなかった…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1108文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです