メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

6大銀に資金供給要請 株価急落に危機感 市場鎮静化図る

ムニューシン氏=ロイター共同 

 【ワシントン共同】米財務省は23日、ムニューシン財務長官がバンク・オブ・アメリカなど六つの米大手金融機関の首脳と電話で協議し、金融安定を図るため十分な資金供給を要請したと発表した。米政府は株価急落に危機感を募らせており、民間金融機関との協調をアピールして、市場の動揺を鎮静化したい狙いがある。

 ムニューシン氏は24日、大統領直属の金融市場に関する作業部会メンバーである米連邦準備制度理事会(FRB)や証券取引委員会(SEC)などの代表者らと金融安定について緊急協議する。米メディアによると、作業部会はリーマン・ショック翌年の2009年にも開かれた。

 6金融機関はJPモルガン・チェース、シティグループ、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  3. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  4. 愛媛・西条市が「若者が住みたい田舎」全国1位に 前年5位からアップ

  5. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです