毎日写真コンテスト

心染みる「いま」への視点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「2018年毎日写真コンテスト」=主催・毎日新聞社、日本報道写真連盟、後援・文化庁、特別協賛・東日本旅客鉄道(株)、協賛・(株)ニコンイメージングジャパン、富士フイルムイメージングシステムズ(株)、エプソン販売(株)=の審査が行われ入賞、入選作品が決まった。

 今年は単写真、組み写真など6部門で2570点の応募があった。審査は写真家の田沼武能、中谷吉隆、長倉洋海の3氏と毎日新聞社が行った。

 表彰式は来年1月26日(土)、東京・竹橋の毎日ホールで行われる。なお優秀作品展も富士フイルムフォトサロン東京(1月25~31日)と同フォトサロン大阪(2月22~28日)で開催。入場無料。(4面に石津武史さんの「ひと」)

この記事は有料記事です。

残り2969文字(全文3275文字)

あわせて読みたい

注目の特集