メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

宗派を超えた平和の味 レバノン、蒸留酒アラク

 <くらしナビ ライフスタイル>

 飲酒を戒めるイスラム教徒が多い中東で、レバノンは左党に優しい国だ。キリスト教徒が多く、ワインやビールも簡単に手に入る。ぜひ試したいのが伝統的なブドウの蒸留酒「アラク」。アラビア語で「汗」の意味である。まさに貴重な蒸留液がぽたぽたと滴り落ちる様子そのもの。高原にある創業1857年の蒸留所を訪れた。

 まるで理科の実験を見ているようだ。小さなグラスに入った透明な液体に水をたらすと、一気に白く濁る。初…

この記事は有料記事です。

残り1715文字(全文1930文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです