メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生相談

写真写り悪いのは醜いから?=回答者・光浦靖子

 写真に撮られるのが嫌です。集合写真はいいのですが、個人のスナップは顔が引きつり、「笑ってください」などと言われると目元口元がけいれんしてしまいます。これが恥ずかしく、昔から撮られることを避けてきました。写真の中の自分は醜く、これが自分の顔だと認めたくないのです。写真写りの悪さを嘆くと、亡父は「写真は真を写すと書く」と言いました。やはり醜さを肯定すべきでしょうか。(56歳・女性)

 「写真は真を写す」の「真」は「本質」ですか? だったらそれはプロ中のプロしか無理ですよ。「美醜」というなら、そんなもんうそですよ。昨今のSNS(会員制交流サイト)にあふれる写真を見てください。肉眼では見られたもんじゃない、目の周り真っ黒にふちどって、ノーズシャドーがっつり入れて、明かりをバンバン当て、肌修正すりゃ可愛い写真のできあがりです。詐欺メークという言葉すらあります。芸能界だって、プロフィ…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです