メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの花園

全国高校ラグビー/1 稲垣啓太=パナソニック・プロップ(28歳、新潟工高出身)

2007年度、1回戦の大阪朝鮮戦で突破を図る稲垣=幾島健太郎撮影

基礎練習、今に生きる

 花園はモチベーションと能力を一段階上げてくれる場所でした。3年生だった2008年度の2回戦は7-41で桐蔭学園(神奈川)に敗れましたが、通用する部分、しない部分がはっきりしました。

 スクラムでプレッシャーをかけることができて自信になりましたが、スピードのある相手にワンプレーで(防御ラインを)切られました。桐蔭のFBは1年生のマツ(松島幸太朗、現サントリー)。スクラム後に顔を上げたら、もう抜かれていて、インパクトがありました。

 高校で一番大事にしたのは基礎的な練習です。体格に恵まれ、県内では大味なプレーでも通用しました。ただ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. わこ盲導犬贈呈プロジェクト 30頭で活動に終止符 視覚障害者支援は継続 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです