メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へ

高校ラグビー100年/4 桐生第一(群馬) 元日本代表、経験生かし

選手たちに自身の経験を語る霜村監督

 第一線で活躍してきた元トップリーガーが、指揮官として初の花園に挑む。初出場を決めた桐生第一(群馬)の霜村誠一監督(37)は、元パナソニック主将で日本代表経験を持つ。現役時代に培った経験と人脈を生かし、監督就任4年目で花園への切符を引き寄せ、「インパクトを残したい」と意気込む。

 東農大二高で花園に2度出場し、進学した関東学院大では3度の日本一に輝いた。トップリーグの強豪パナソニック(前・三洋電機)入りし、センターで通算102試合に出場。2007年度から4季連続ベストフィフティーンを受賞するなどトップ選手として活躍する一方、高校時代の監督だった恩師に憧れ教師になる夢も抱いていた。現役を続けながら大東文化大に通い、教員免許を取得。15年4月から出身地の同校に赴任し、ラグビー部の指揮を執る…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです