メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌会始の儀

入選者10人決まる

 宮内庁は25日付で、来年1月16日に皇居・宮殿で開かれる「歌会始の儀」で、歌が読み上げられる一般の入選者10人を発表した。最年長は高知市の元調理師、奥宮武男さん(89)、最年少は山梨県甲州市の県立甲府西高1年、加賀爪(かがづめ)あみさん(16)だった。

 今回の題は「光」で、選考対象は2万1971首(うち海外129首、点字32首)。入選者は来年、宮殿「松の間」で開かれる歌会始に招待され、自身の歌も読み上げられる。

 天皇陛下が特別に招いて歌を披露する召人(めしうど)は俳人の鷹羽狩行氏(88)が務める。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです