メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

情報も鮮度が命 うのみにせず取捨選択を

え・葛西りいち

 インターネットが成長した現代において、就活情報をネットから得ない学生はほぼいないでしょう。企業広報戦略研究所(電通パブリックリレーションズ内)の2018年調査(対象は19年卒業予定で内々定・内定を1件以上獲得した大学生・大学院生1000人)によると、「有益だと思った情報源(企業発以外)」は総合就職ナビサイトが71・7%と断トツです。

 これは、3年生前半で総合就職ナビサイトの主要どころ(リクナビ、マイナビ、キャリタスナビ、あさがくナビなど)をまとめて登録させる大学が増加している影響もあるでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです