メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

情報も鮮度が命 うのみにせず取捨選択を

え・葛西りいち

ナビサイトからが主流

 インターネットが成長した現代において、就活情報をネットから得ない学生はほぼいないでしょう。企業広報戦略研究所(電通パブリックリレーションズ内)の2018年調査(対象は19年卒業予定で内々定・内定を1件以上獲得した大学生・大学院生1000人)によると、「有益だと思った情報源(企業発以外)」は総合就職ナビサイトが71・7%と断トツです。

 これは、3年生前半で総合就職ナビサイトの主要どころ(リクナビ、マイナビ、キャリタスナビ、あさがくナ…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2052文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです