メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワーキングプレース・就労の現場から

鉄道車両を企画・設計 阪神電気鉄道・岡本正史さん

乗客への優しさ、突き詰め 岡本正史さん(55)

 鉄道会社の“顔”である車両にまず求められるのは安全性だが、快適性や利便性、デザインといった要素も重要なポイントとなる。とりわけ新型車両の開発は、乗客や沿線住民、全国の鉄道ファンにとっても関心事だ。阪神電気鉄道(本社・大阪市福島区)で車両の企画・設計を担当している岡本正史さん(55)に聞いた。【神崎和也】

 工業高校を卒業し、1981年に入社。当初は車両の定期検査の仕事に従事した。その後、現場の監督職など…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文793文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア”魔改造”の男、著作権法違反容疑で逮捕 群馬県警
  2. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 厚真町で土砂崩れや雪崩を確認 北海道で震度6弱
  5. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです