「駆逐艦の上空飛んでいない」韓国レーダー照射で防衛省が再反論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
海上自衛隊の対潜哨戒機P-1=東京都調布市で2017年5月14日、小座野容斉撮影
海上自衛隊の対潜哨戒機P-1=東京都調布市で2017年5月14日、小座野容斉撮影

 防衛省は25日午前、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について「駆逐艦から一定の高度と距離をとって飛行しており、駆逐艦の上空を低空で飛行した事実はない」と反論する文書を発表した。

 韓国国防省は24日、駆逐艦の上空を哨戒機が飛行したと主張していた。

 防衛省はまた、照射の理由を問う哨戒機の…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文263文字)

あわせて読みたい

注目の特集