メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神と喧噪の南アジアから

拡散する風説2 急速なスマホ普及、真偽不明の情報が流布

うわさが拡散する背景について説明するテレビプロデューサーのデベシュ・バシシュタ氏=ニューデリーで2018年12月3日、松井聡撮影

 インドでは、スマートフォン(スマホ)の無料対話アプリ「ワッツアップ」などで広まったうわさをきっかけとする殺人事件が相次いでいる。地元メディアによると、昨年1月以降、少なくとも約70件の集団暴行事件が起き、30人以上が死亡した。大半の現場は農村で、「子供が誘拐された」などという根拠のないうわさをきっかけに、たまたま村を訪れた部外者が村人から犯人視され、殺害されたケースが多かった。

 「ワッツアップは、グループに登録された人しか情報を閲覧できない非常に閉鎖されたコミュニケーションツ…

この記事は有料記事です。

残り1884文字(全文2125文字)

松井聡

ニューデリー支局記者。1982年生まれ。2005年に入社し、福井支局、大阪社会部などで勤務。宗教と民族の多様性、発展と貧困、政治の混乱など様々なキーワードでくくれる南アジア。今何が起き、そしてどこへ向かうのか。将来を展望できるような情報の発信を目指します。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです