メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常連客「かあちゃん、楽しかった」 福岡の老舗屋台「あや」閉店へ

年内で閉店する屋台「あや」の店主の井元信子さん(左)と南里健一さん(右)=福岡市中央区天神で2018年12月18日午後7時15分、野田武撮影

 福岡市で半世紀以上続く人気屋台「あや」(同市中央区天神4)が、29日の営業を最後に閉店する。常連客から「かあちゃん」と慕われる店主の井元信子さん(83)は「さみしかよ。けど、いろいろな人におうたけん、楽しかった」と振り返る。

 屋号の「あや」は終戦後に屋台を始めた信子さんの叔母の名前。叔母の結婚を機に1960年代初め、信子さんと夫孝さん(82)が引き継いだ。当時、店は博多区下川端町にあった。昆布とアジの煮干しでダシをとるうどんや天ぷらなどの名物は今も変わらない。

 当時はまだおおらかな時代だった。客はツケで飲食し、客の勤務先がツケを払って給料から天引きする。近く…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文972文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです