メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中央省庁の障害者雇用率、6月の「法定」達成は6機関

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は25日、今年6月現在の中央省庁の障害者雇用率を公表した。国の34行政機関の平均は法定雇用率(2.5%)を下回る1.24で、達成したのは6機関だった。水増し問題が発覚した後の調査の雇用率は1.18%(昨年6月現在)だったが、今回の公表値はこれをわずかに上回った。

 雇用率を達成したのは厚労省▽警察庁▽内閣法制局▽個人情報保護委員会▽海上保安庁▽原子力規制委員会の6機関だった。

 中央省庁の雇用不足数は3875人で、最も多かったのは国税庁の1068.5人。国土交通省713.5人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 拳銃所持容疑で映画監督逮捕 代表作に小泉今日子さん主演「空中庭園」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです