メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生前竜王の肩書は「九段」に

27年ぶりに無冠となり、盤上を見つめる羽生善治竜王=山口県下関市で2018年12月21日午後7時、上入来尚撮影

 第31期竜王戦七番勝負を戦って3勝4敗で敗れ、27年ぶりに無冠になった羽生善治前竜王(48)が、「九段」の肩書を使用することになった。日本将棋連盟が25日、発表した。前竜王を名乗ることもできたが、本人の意向を踏まえて「九段」となった。羽生が段位の肩書となるのは、1989年12月の竜王獲得前以来。翌…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです