メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生前竜王の肩書は「九段」に

27年ぶりに無冠となり、盤上を見つめる羽生善治竜王=山口県下関市で2018年12月21日午後7時、上入来尚撮影

 第31期竜王戦七番勝負を戦って3勝4敗で敗れ、27年ぶりに無冠になった羽生善治前竜王(48)が、「九段」の肩書を使用することになった。日本将棋連盟が25日、発表した。前竜王を名乗ることもできたが、本人の意向を踏まえて「九段」となった。羽生が段位の肩書となるのは、1989年12月の竜王獲得前以来。翌…

この記事は有料記事です。

残り71文字(全文221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです