メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棋聖戦予選、藤井七段が勝利 決勝Tへあと1勝

藤井聡太七段=東京都渋谷区の将棋会館で2018年11月18日、丸山博撮影

 高校生棋士の藤井聡太七段(16)は25日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第90期棋聖戦2次予選で大石直嗣七段(29)に120手で勝った。次戦は決勝トーナメント進出をかけ、久保利明王将(43)と斎藤慎太郎王座(25)の勝者と対戦する。

 大石の誘導で後手番の藤井から角を交換する「角換わり」と呼ばれ…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです