保育士と幼稚園教諭の採用試験にポルトガル語 福井・越前市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一緒におやつを食べるブラジルと日本の子供たち=福井県越前市の上太田保育園で2018年12月25日午後3時17分、岸川弘明撮影
一緒におやつを食べるブラジルと日本の子供たち=福井県越前市の上太田保育園で2018年12月25日午後3時17分、岸川弘明撮影

 福井県越前市は保育士と幼稚園教諭の採用試験で、ポルトガル語会話を導入すると決めた。来春から希望者に限り面接試験で導入し、能力に応じて加点する。市内では、電子部品工場などで働く3104人の日系ブラジル人らが暮らしており、日系人の子どもの保育・教育の充実につなげる。

 市によると、筆記試験通過後の面接(25点満点)で、ポルトガ…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

注目の特集