メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州場所初優勝の貴景勝は新関脇 初場所新番付

記者会見する横綱・稀勢の里=東京都江戸川区で2018年12月25日午前10時15分、根岸基弘撮影

 日本相撲協会は25日、大相撲初場所(来年1月13日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。11月の九州場所で初優勝した貴景勝は新関脇で東に座った。西は玉鷲で6場所ぶりに関脇へ返り咲いた。東小結は妙義龍で19場所ぶりの三役復帰。御嶽海は、3場所務めた関脇から西小結に番付を下げた。三役は12場所連続になる。

 横綱、大関陣の顔ぶれは変わらず。白鵬と鶴竜の2横綱が先場所を全休し、東の最高位の横綱になった稀勢の…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです