メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴景勝「もう一つ上目指す」 矢後は笑顔の新入幕 新番付発表

九州場所で初優勝した貴景勝=福岡県篠栗町で2018年11月26日、津村豊和撮影

 日本相撲協会は25日、大相撲初場所(来年1月13日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。11月の九州場所で初優勝した貴景勝は新関脇で東に座った。東京都台東区の千賀ノ浦部屋で記者会見した貴景勝は「次はもう一つ上の番付を目指したい」と真剣な表情で大関挑戦への決意を示した。

 今年は師匠だった元貴乃花親方(元横綱)の退職に伴い、所属していた部屋が消滅。千賀ノ浦部屋に移籍後最初の場所だった九州場所で初優勝した。貴景勝は「千賀ノ浦部屋に受け入れていただき、感謝している。師匠(元小結・隆三杉の千賀ノ浦親方…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです