滑り出し好調 高木美帆が首位 スピードスケート全日本選手権開幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【全日本スピードスケート】女子3000メートルで、国内最高記録で優勝した高木美帆=明治北海道十勝オーバルで2018年12月25日、貝塚太一撮影
【全日本スピードスケート】女子3000メートルで、国内最高記録で優勝した高木美帆=明治北海道十勝オーバルで2018年12月25日、貝塚太一撮影

 スピードスケートの短距離から長距離までの総合力を競う全日本選手権は25日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで開幕した。女子は、2大会ぶり2度目の総合優勝を狙う高木美帆(日体大助手)が3000メートルで自らの国内最高を塗り替える4分5秒70をマーク。500メートルも大会新の38秒24でともに1位となり、前半2種目を終えて首位に立った。男子は、500…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集