メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪桐蔭など強豪の実力伯仲 全国高校ラグビー、27日開幕

東大阪市花園ラグビー場=東大阪市で2018年10月10日、本社ヘリから加古信志撮影

 第98回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連、大阪府、大阪府教委主催)が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。来年のワールドカップ(W杯)日本大会に向けて改修された高校ラグビーの「聖地」で出場51校が頂点を目指す戦いは、前回準優勝の大阪桐蔭(大阪第1)と春の全国高校選抜2連覇の桐蔭学園(神奈川)に、優勝経験豊富な東福岡やBシードの常翔学園(大阪第3)、天理(奈良)ら強豪が絡む実力伯仲の模様。

 大阪桐蔭はフィジカルが強く、フランカー奥井(2年)ら前回経験者を中心に攻撃力が高い。桐蔭学園はSH小西とSO津田(ともに3年)を中心に15人一体の攻撃で、初の単独優勝を見据える。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです