SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり』

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

フランス人アーティストの冒険。伝統工芸に新たな息を吹き込む

◆『フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり』フィリップ・ワイズベッカー/著 貴田奈津子/訳(青幻舎/税別2000円)

 旅先で、ふとしたとき郷土玩具に出会うことがある。料理屋で、旅館の玄関先で、資料館や美術館の陳列棚で。

 その土地に伝承される、ごく小さな工芸品。掌(てのひら)にのせると、手なぐさみに作られたのではなく、職人の確かな技術によって生み出されたことが伝わってくる。意匠や彩色にしても、素朴さや郷愁だけでは片づけられず、作り手への敬意を感じることしばしばである。

 その郷土玩具を訪ねて、あの人が日本各地を訪ね歩いたのだから、わくわくしてくる。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1555文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集