メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

避難所生活、シールで明快 印刷会社が開発 トイレやごみ分別、絵文字も活用

今年6月の大阪北部地震の際、大阪府茨木市の避難所で使用されたシール=大阪シーリング印刷提供

 大阪市の印刷会社が開発した「避難所設営シールセット」が、急ごしらえで混乱する避難所運営に一役買っている。「立入禁止」「受付」「トイレ」など避難所に不可欠な情報を文字やピクトグラム(絵文字)で表示したテープ状のシールで、色覚障害者や外国人にも分かりやすいように配慮した作り。避難所の運営支援に特化した商品は他に例がないとみられ、今年発生した大阪北部地震や西日本豪雨でも活用されるなど注目されている。【斎川瞳】

 大阪市天王寺区の印刷会社「大阪シーリング印刷」が開発した。危険エリアやトイレのほか、ごみ分別、伝言板、スタッフを知らせるシールも盛り込まれた。項目ごとに色分けされて見やすく、耐水性もある。特殊なのりを使って、さまざまな素材の壁や衣類に貼ることができ、はがしても跡が残らないのが特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです