メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊「夢絶たれた」 兵庫の夫婦、手話で訴え 神戸地裁、初弁論

 旧優生保護法(1948~96年)下で中絶や不妊の手術を強いられたとして、聴覚障害のある兵庫県内の夫婦2組が国に計4400万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、神戸地裁(山口浩司裁判長)であった。国側は争う姿勢を示したが、旧法の違憲性については見解を示さなかった。

 原告は同県明石市の小林宝二(たかじ)さん(86)と喜美子さん(86)夫婦と、県内に住む70代の高尾辰夫さんと奈美恵…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです