丹波黒大豆

出荷ピーク 兵庫・篠山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
職人の手で選別される黒豆=兵庫県篠山市で2018年12月9日、山田尚弘撮影
職人の手で選別される黒豆=兵庫県篠山市で2018年12月9日、山田尚弘撮影

 お節料理に使う「丹波黒大豆」の出荷作業が最盛期を迎えている。丹波黒大豆の一大産地、兵庫県篠山市の老舗豆問屋「小田垣商店」では、約20人の職人によって大豆を大きさや傷の有無によって選別する作業が続いている。

 JA丹波ささやまによると、同市内では約1400軒の農家が例年200トン以上を出荷しているが、…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集