メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

南都銀行 和田悟執行役員 相続・観光、新分野開く 「壊せ」刷新の決意

「地域密着一筋」と話す南都銀行の和田悟執行役員=奈良市の南都銀行で2018年12月14日、大道寺峰子撮影

 来月140周年を迎える南都銀行(奈良市)。超低金利下で地方銀行にとって厳しい収益環境が続く中、今春からは「壊せ、南都。」というキャッチフレーズを掲げ、さまざまな改革や、地域活性化に積極的に取り組んでいる。和田悟執行役員(57)に今後の展望を聞いた。【大道寺峰子】

 --「壊せ、南都。」に込めた思いは。

 ◆銀行は保守的といわれますが、今後の成長のためには、固定観念にとらわれない、柔軟な発想が欠かせませ…

この記事は有料記事です。

残り1473文字(全文1674文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです