メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

憲法の適合性、国が主張回避 札幌地裁口頭弁論 /北海道

 旧優生保護法(1948~96年)下で中絶と不妊手術を強制されたとして、道内の女性(75)と夫(81)が起こした国家賠償請求訴訟の第2回口頭弁論が札幌地裁(高木勝己裁判長)であり、国側は旧法の憲法の適合性への見解について「事実の評価や法的主張について見解を示す必要はない」と改めて主張を回避した。

 弁護側は「事実関係の認否と法律上の主張…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです