メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9条俳句訴訟

さいたま市掲載へ 「作者の気持ちに配慮」 教育長が説明 /埼玉

 憲法9条を詠んだ俳句の公民館だよりへの掲載を巡る訴訟で、さいたま市に賠償を命じた判決が確定したことを受け、同市は25日、作者の女性(78)が求めていた句の掲載に応じることを明らかにした。記者会見した細田真由美教育長は「作者の気持ちに配慮した」と述べ、今後は公民館だよりの編集に市民参画の場を設ける考えも示した。

 判決によると、女性は2014年6月、公民館で活動する句会で「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」と詠み…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです