メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県西部新春書き初め秀作展

特別賞、特選決まる /埼玉

 第29回県西部新春書き初め秀作展(毎日新聞埼玉西支局主催、県・県教委後援)の作品審査会がこのほど、川越市の丸広百貨店川越店であった。高校生の部など全5部門に1795点の応募があり、審査の結果、特別賞30点、特選(市町長賞)88点が選ばれた。

 審査はいずれも毎日書道展審査会員の松浦北龍、小林春流、近藤春湖、明石幸子、森戸春濤の5氏が担当。松浦氏が審査委員長を務め力作を吟味した。

 松浦氏は応募作について「これまでより優れた作品が集まった。書体もバラエティーに富んでおり、美しく力…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1369文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです