メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県西部新春書き初め秀作展

特別賞、特選決まる /埼玉

 第29回県西部新春書き初め秀作展(毎日新聞埼玉西支局主催、県・県教委後援)の作品審査会がこのほど、川越市の丸広百貨店川越店であった。高校生の部など全5部門に1795点の応募があり、審査の結果、特別賞30点、特選(市町長賞)88点が選ばれた。

 審査はいずれも毎日書道展審査会員の松浦北龍、小林春流、近藤春湖、明石幸子、森戸春濤の5氏が担当。松浦氏が審査委員長を務め力作を吟味した。

 松浦氏は応募作について「これまでより優れた作品が集まった。書体もバラエティーに富んでおり、美しく力…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1369文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです