メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も天気で

新年早々に部分日食=鮫島弘樹 /愛知

 今年最後の本欄では、来年の1月6日に見られる部分日食をご紹介します。日食は太陽、月、地球が一直線に並んだときに起こる現象です。今回日本で見られる日食は、ピタリと一直線にならず、太陽の一部分が欠ける部分日食です。日食は図のように6日の午前に起こり、名古屋では太陽の4割ほどが欠けます。

 名古屋市科学館(名古屋市中区)の野田学天文主幹によると、来年は部分日食が東海地方で1月6日と12月26日の2回、見ることができるそうです。前回東海地方で1年に2回日食が見られたのは1992年でしたから、実に27年ぶりの珍しい年となります…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです