メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改正入管法

外国人受け入れ拡大 地方定住、見通せず 国の施策、具体性欠く

閣議に臨む安倍晋三首相(中央)=首相官邸で2018年12月25日、川田雅浩撮影

 外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管法の枠組みとなる「基本方針」などが25日、出そろった。政府が国会審議で「成立後に示す」と説明してきたものだが、施行を来年4月に控えて具体性に乏しい施策や対応が追いついていない取り組みも目立つ。実現に向けた道筋は不透明だ。

 「外国人の皆さんが日本で、そして地方で働いてみたい、住んでみたいと思える制度の運用、社会の実現に全力を尽くしてほしい」。25日の関係閣僚会議で安倍晋三首相は強調した。

 人手不足は地方の中小企業や事業者で深刻とされる。だが、国会審議では与野党から、より賃金が高い大都市…

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです