メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東証2万円割れ トランプリスク表面化 市場、景気後退も意識

エコノミストの今後の株価の見通しは

 クリスマスの金融市場を株安が襲った。日経平均株価は1000円超下落し、約1年3カ月ぶりに2万円の大台を割り込んだ。トランプ米大統領の政権運営が投資家から不安視されたことに加え、世界経済をけん引していた米国の先行きも急速に暗さを増してきたためだ。

 「経営者仲間と集まっても、『景況感が良くない』という話ばかり。2万円割れでも驚きはない」。25日午後、東京・兜町にある証券会社の株価が映し出される大型モニターの前で、千葉県船橋市の運輸業顧問の男性(62)は、ため息をついた。日経平均は取引開始直後に2万円を割り込むと、急速に下げ幅を広げ、午前中に1000円を突破した。

 株価急落の直接の原因は、米国の政治混乱にある。トランプ氏がこだわる「国境の壁」予算を巡る対立で22…

この記事は有料記事です。

残り1707文字(全文2040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  3. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  4. トウモロコシに埋まり男性死亡 牧場サイロ内で作業中に誤って落下か 北海道

  5. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです