メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

給料のもらい方=福本容子

 <sui-setsu>

 50年前のあの事件がなかったら、給料袋の寿命はどれくらい延びただろう。

 1968年12月に起きた「3億円事件」だ。現金輸送車から奪われたのは年末のボーナスだった。以来、現金は危ない、と給料やボーナスを口座振り込みにする企業が増えていったという。

 国家公務員について口座振り込みが始まったのは、74年になってから。ただ実際は、それから30年近くも現金渡しがしぶとく残った。

 しかも、多くが振り込み+現金支給の組み合わせ。口座15万円、残り現金、とかいう職員ごとバラバラの注…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです