メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-稲葉陽八段 第27局の1

大流行の角換わり

 1勝4敗同士の深浦康市九段-稲葉陽八段戦は13日、東京・将棋会館「特別対局室」で行われた。両者苦しい星勘定だけに、2勝目を挙げて年を越したい。本局の記録係は西山朋佳奨励会三段。女性ではずば抜けて強いが、一介の奨励会員に過ぎず、特別扱いはない。本人も修業中の身を自覚しているようだ。夜戦必至、疲労必至の順位戦の記録係を志願して務めるあたり、西山三段の心意気を感じる。

 隣ではB級1組順位戦の渡辺明棋王-橋本崇載八段戦が指されていた。結果から記すと、渡辺が勝って9連勝…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです