メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファーウェイ排除

米・英・カナダ・豪・NZ「ファイブアイズ」、中国と5G覇権争い

ファーウェイやアップル社のスマートフォンを扱う小売店=中国・深センで18日、AP

 【北京・浦松丈二】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)を巡る一連の問題では、「ファイブアイズ」と呼ばれる機密情報収集ネットワークを築く米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国対中国の対立構図が鮮明になってきた。背景には、次世代通信システム「5G」を巡るハイテク覇権争いがあるとみられている。

 「中国は長期にわたり米国のサイバーセキュリティーを破壊している、と米国やその盟友から非難されてきた。だが、米国が盗っ人たけだけしい自作自演をしていたことが明らかになった」

この記事は有料記事です。

残り1071文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです