メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

宮久史さん=北海道地震からの復興に奔走する町職員

定住促進事業で北海道胆振東部地震の復興を目指す厚真町の宮久史さん=2018年12月14日、福島英博撮影

宮久史(みや・ひさし)さん(38)

 9月6日の北海道胆振(いぶり)東部地震で最も大きな被害が出た厚真町。土砂崩れなどで町内で36人が犠牲になり、今なお265人が応急仮設住宅で暮らしている。町独自の移住受け入れ事業の責任者として、「こんな時だからこそ、外の力が必要」と前を向く。

 元々はNPO法人の職員。大学院生時代にサーフィンに訪れた町が専門の林業職を求めていると知り、2011年4月から町職員になった。移住受け入れ事業では最長3年間、移住者の自立支援に取り組み、支援した11人のうち10人が農業や民泊経営、デザイナーなどで町への定住を決めた…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  2. 国民「夫婦別姓やじは自民・杉田水脈議員」 玉木氏が指摘、本人否定せず

  3. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. コシヒカリ4トン窃盗容疑で兄弟逮捕「数え切れないくらい盗んだ」 石川県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです