メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

「東京子ども図書館」復刊キャンペーン 読み継がれる名作、再び子どもたちに

復刊キャンペーンの得票数上位の作品を手にする張替恵子理事長(右)とキャンペーン担当職員の護得久えみ子さん

 児童書専門の公益財団法人「東京子ども図書館」(東京都中野区)が、絶版や重版未定で入手しにくい児童文学の名作を再び子どもたちの手に届けようと「復刊キャンペーン」を展開している。

 東京子ども図書館が2017年、国内外の児童文学作品約1600冊を収録したブックリスト「物語の森へ 児童図書館 基本蔵書目録2」を刊行したことがキャンペーンのきっかけだ。リストは読み聞かせ活動のボランティアや図書館職員らが約15年かけて作成。子どもたちが何度も借りたり、読み聞かせを面白がって自分から読み始めたりした作品を選び抜いた。

 だが、結果としてリストの半数に上る約800冊が絶版や品切れ、重版未定となっていた。子どもの本の専門家たちが「この本こそは」と選んだ多くが入手困難という事態を受け、復刊を呼びかけるキャンペーンを決めたという。張替恵子理事長(64)は「時代を超えて子どもたちの心をとらえ、長く読み継がれる作品を残したい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです