メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

「東京子ども図書館」復刊キャンペーン 読み継がれる名作、再び子どもたちに

復刊キャンペーンの得票数上位の作品を手にする張替恵子理事長(右)とキャンペーン担当職員の護得久えみ子さん

 児童書専門の公益財団法人「東京子ども図書館」(東京都中野区)が、絶版や重版未定で入手しにくい児童文学の名作を再び子どもたちの手に届けようと「復刊キャンペーン」を展開している。

 東京子ども図書館が2017年、国内外の児童文学作品約1600冊を収録したブックリスト「物語の森へ 児童図書館 基本蔵書目録2」を刊行したことがキャンペーンのきっかけだ。リストは読み聞かせ活動のボランティアや図書館職員らが約15年かけて作成。子どもたちが何度も借りたり、読み聞かせを面白がって自分から読み始めたりした作品を選び抜いた。

 だが、結果としてリストの半数に上る約800冊が絶版や品切れ、重版未定となっていた。子どもの本の専門…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです