連載

おはなしめぐり

世代を超えて読み継がれるロングセラーの作家にインタビュー。

連載一覧

おはなしめぐり

「心の森」「エンキョリレンアイ」作者 小手鞠るいさん(62) 自然保護、物語から感じて

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小手鞠るいさん
小手鞠るいさん

 恋愛小説の名手でありながら、数多くの児童書も手がける小説家の小手鞠(こでまり)るいさん(62)に、創作にかける情熱を聞いた。【聞き手・坂根真理】

 小さい時から本が好きな子どもでした。中学生の時に文芸クラブに入り、作文を書いていました。顧問の先生が作文を褒めてくださったことが、作家になりたいと思ったきっかけです。

 フリーライターの時に、犬が好きな有名人を取材することになり、愛犬家のやなせたかしさんに会いにいきました。やなせさんに「小説家になりたい」と言ったら、取材後に犬の散歩に誘われ、「才能、運、努力。その三つがあってもなれない」と言われました。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文994文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集