メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 普天間地元、宜野湾市も不参加表明 県民投票重みに影響

 沖縄県で来年2月24日に実施される米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票を巡り、宜野湾市の松川正則市長は25日、実施に必要な予算案が市議会で否決されたことを受け、「投開票などの事務を実施しない」と表明した。県は地方自治法の規定に基づき再考を促す方針だが、同市では投票が実施されない公算が大きい。

 県民投票の不参加を表明した首長は宮古島市の下地敏彦市長(18日)に次いで2人目。普天間飛行場を抱え…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです