メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

もうすぐお正月/上 みんなでテーブルゲーム

テーブルゲームの魅力を紹介する丸田康司社長。店内には多くの商品が並ぶ=東京都杉並区で

 もうすぐお正月。家族や親戚、友人らで集まる機会も多いだろう。手ごろな価格で老若男女が楽しめるテーブルゲーム五つを、ボードゲーム・カードゲーム専門店「すごろくや」(東京都杉並区)の丸田康司社長に紹介してもらった。

 まずは、人気のカードゲーム「犯人は踊る」(プレー人数3~8人、対象年齢8歳~大人、1296円)=写真[1]。プレーヤーには4枚ずつカードが配られ、1人だけが「犯人」と書かれたカードを持っている。この犯人カードが交換などでほかのプレーヤーに移っていく。今の犯人が誰かを推理するゲームで、「運の要素も強いため子どもでも楽しめるし、終わった後の感想戦も面白い」。

 ロシア生まれの「ナンジャモンジャ」(2~6人、4歳~大人、1400円)=同[2]=も盛り上がる。謎の生物・ナンジャモンジャ族が描かれたカードを裏向きの山にして中央に置き、めくった人が自分の感性で名前を付け、全員に伝える。プレーヤーが名前を付けていく中で、もし同じ絵のカードがめくられたら、いち早くその名前を叫び、その場にたまったカードを獲得して合計枚数を競う。ルールが簡単で、自由な発想や集中力、記…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです