メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP24

’18ポーランド 3年がかり、共通ルールで合意 電力中央研究所上席研究員(温暖化対策)上野貴弘氏の話

上野貴弘氏

協定の原則を維持

 パリ協定はいろんな国の利害のバランスを取って設計された国際条約で、先進国と途上国の間で責任や役割を分ける「二分論」を限定的にしたところに特徴がある。ルールブックは法律の下の政令のようなもので、協定を逸脱することはできない。採択されたルールブックでは、排出量などを報告させる際、途上国に柔軟な対応を容認しつつ、その理由について説明責任を課すなど無条件に認めることはしていない。事実上、協定の原則を維持した…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです