メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

非浸潤の乳がん、手術以外は=答える人・山内英子副院長(聖路加国際病院・乳腺外科)

 Q 非浸潤の乳がん、手術以外は

 非浸潤の乳がんがわかり、切除手術を勧められました。乳房は温存可能だそうですが、手術を受けたくありません。他の治療方法は。(大阪府、女性、76歳)

 A 他の方法、効果不確か

 乳房は母乳をつくる乳腺とそれを運ぶ乳管などからなっています。乳がんの多くは乳管から発生しますが、非浸潤の乳がんは、がんが乳管の中にとどまっている進行度(ステージ)早期の状態で、他の臓器に転移しないとされています。これに対し、浸潤がんは周囲の組織に浸透し、全身に転移する可能性があります。

 ただし非浸潤がんでも進行して浸潤がんになる可能性はあります。後で「早く手術しておけばよかった」と後…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文846文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです