メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

俺たちの花園

全国高校ラグビー/2 坂手淳史=パナソニック・フッカー(25歳、京都成章高出身)

2011年度の3回戦、流通経大柏(千葉)戦でトライを決める坂手=2012年1月1日、川平愛撮影

 花園での一番の思い出は、3年生だった2011年度の準々決勝、御所実(奈良)との試合です。7-0でリードしていた後半最後に認定トライで同点とされました。主将の僕が抽選しましたが、次に進めませんでした。

 京都成章はディフェンスが持ち味のチームです。練習でもタックルの質と量が高かった。体を当てる角度といった基礎を学び、今も力になっています。

 京都では伏見工(現京都工学院)に勝たなければ花園に出られません。2年時は府予選の決勝で敗れました。伏見工の練習試合は常に気になったし、今一緒にプレーしている金田(瑛司)、(松田)力也のような仲間もいます。思い入れのある相手でした。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです