メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

平成最後の王者へ伯仲 51校出場、あす開幕

 第98回全国高校ラグビー大会が27日、東大阪市花園ラグビー場で開幕する。来年のワールドカップ(W杯)日本大会に向けて改修された高校ラグビーの「聖地」で出場51校が頂点を目指す戦いは、前回準優勝の大阪桐蔭(大阪第1)と春の全国高校選抜2連覇の桐蔭学園(神奈川)に、優勝経験豊富な東福岡やBシードの常翔学園(大阪第3)、天理(奈良)ら強豪が絡む実力伯仲の模様。(18、19面に選手名鑑)

 大阪桐蔭はフィジカルが強く、フランカー奥井(2年)ら前回経験者を中心に攻撃力が高い。桐蔭学園はSH小西とSO津田(ともに3年)を中心に15人一体の攻撃で、初の単独優勝を見据える。

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです